JOSKAS

JOSKAS研究助成制度

この研究助成制度は、関節鏡・膝・スポーツ関連を含む臨床および基礎的な研究に対し、我が国の医学研究の向上発展と人類の福祉に寄与することを目的とし、原則として40歳以下のJOSKAS正・準会員を対象として、1件あたり100万円を年に10件助成するものです。

また、研究代表者および研究員がJOSKAS会員である3名以上の研究グループ(年齢制限なし)も対象になります。

一応の基礎的な研究成果を達成しており、この研究助成によりさらに発展が予想できることを選考の基準としており、現に研究開発途上にあるか、または研究方法が確定して研究着手の段階にあり、研究開発の成果が2~3年以内に期待されるものが対象研究となります。

よって、既に研究が完成しているもの、またはこれから新しく開始しようとする未知な研究課題は採択されませんのでご注意ください。

一度申請して選考にもれたものでも、新たな研究段階を記載して再申請することは差支えありません。

このように40歳以下の若手の先生方はこの機会をのがす手はないと思いますので奮って応募していただきたいと思います。

助成を受けた場合、3年以内のJOSKAS学術集会において、成果報告(学会発表)を行っていただきます。
また、可能な限り英文誌に投稿していただきたいと思います。

平成28年度 JOSKAS研究助成制度 助成対象 (五十音順)

変形性膝関節症における骨性疼痛の機序

阿漕 孝治(高知大学)

滑膜幹細胞により軟骨分化誘導させた自家腱による半月板再生

大関 信武(東京医科歯科大学)

MMP13発現制御に基づく変形性関節症の創薬標的の網羅的探索

小川 寛恭(岐阜大学)

下腿筋圧挫損傷に対する高気圧酸素治療の後肢機能回復と血管新生における有効性

小柳津 卓哉(東京医科歯科大学)

小中学生運動選手に対するACL損傷予防の介入効果の検討

佐々木 静(弘前大学)

3Dプリンティング技術による手術支援システムを用いたレムナント温存解剖学的ACL再建術の研究開発

田代 泰隆(九州労災病院)

ロボットシステムを用いた半月縫合術の生体力学的評価

橘 優太(行岡病院)

新規の細胞死抑制物質による軟骨細胞保護作用と軟骨変性抑制効果の検討

西谷 江平(京都大学)

MRI T2,T1rho mappingを用いた、アキレス腱断裂後の腱修復の定量的評価法の確立と、多血小板血漿(PRP)を用いた腱修復促進治療の検討

府川 泰輔(国保旭中央病院)

人工関節置換膝でscrew home movementは再現できるか?-未固定遺体とnavigation systemを用いた動態解析-

和田 佳三(徳島大学)

ページトップへ戻る

各種申請 admission information
手術調査入力システム
学術用語ご意見箱

JOSKAS事務局 連絡先

〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 株式会社コングレ内
TEL:03-3263-5394
FAX:03-5216-5552
お問い合わせ
営業時間 午前10時~午後6時