JOSKAS

理事長挨拶

日本における膝関節,関節鏡,スポーツ整形外科の歴史は長く,多くの偉大な先生方により築きあげられてきました.特に高木憲次先生,渡辺正毅先生を中心として日本で開発された関節鏡の歴史はそのまま世界の関節鏡の歴史でもあります.1974年,渡辺正毅先生が国際関節鏡学会の初代会長に就任され,「Father of Arthroscopy」の称号が与えられ,翌1975年には日本関節鏡学会および日本膝関節研究会が渡辺正毅先生を会長として設立されています.一方,1980年東京膝関節学会が設立(初代会長:伊勢亀冨士朗先生),2000年に日本関節鏡研究会と統合され,日本膝関節学会(初代会長:腰野富久先生)となりました.2009年,日本膝関節学会と日本関節鏡学会が発展的に統合され誕生したのが,日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)です.2013年7月1日より一般社団法人へ移行しています.このようにJOSKASは膝関節,関節鏡,スポーツ整形外科を牽引してきたいくつかの学会や研究会の流れを持つ,大変長い歴史を有する学会とも言えます.JOSKASでは渡辺正毅先生の偉大なご業績を称え,「Masaki Watanabe Award」を創設し,関節鏡および関節鏡視下手術で国際的に活躍されている先生方に授与させて頂いております.現在まで国内外10名の先生方が受賞されています.

JOSKASとしての第1回学術集会およびJOSKASセミナーは,2009年史野根生先生を会長として札幌にて開催されました.その後会員数も飛躍的に増加し, 2018年4月現在4200名を越えています. JOSKASの目的は「関節鏡,膝関節,スポーツ医学及びその関連分野に関する基礎的・臨床的研究の成果の発表の促進をはかり,ひいては整形外科学の発展に貢献することを目的とする」とあります.具体的には学術集会の開催,邦文学術雑誌(JOSKAS誌)および英文学術雑誌(AP-SMART:The Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology)の発行,国内外の関連学術団体との連携や提携などを積極的に行っています.国際的にはISAKOS(International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine),APKASS(Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society),国内では日本整形外科スポーツ医学会(JOSSM),臨床スポーツ医学会などとの連携が今後より一層重要となります.JOSSMとは2020年,2021年には学術集会を合同開催することが決定しています.引き続き国内外の関連学会とより良い協調関係を築きあげていきたいと考えております.

また,関節鏡,膝関節,スポーツ医学を目指す若手医師やコメディカルの育成も喫緊の課題です.現在JOSKASセミナーの開催,研究助成,SFA(フランス関節鏡学会),SIGASCOT(Società Italiana del Ginocchio Artroscopia Sport Cartilagine Tecnologie Ortopediche)との国際トラベリングフェロー,国内でのJOSKASフェローシップ,JOSKAS学会賞,Outstanding Young Investigator Awardなど多くのプロジェクトを進めています.現在まで多くの先生方がこれらのフェローシップや助成金を獲得されましたが,大変好評であります.多くの若手整形外科医,コメディカルの方々がより多く,広く知識や経験を獲得する場を得て,将来的に大きく飛躍できる機会を提供できるよう担当委員会を通じて制度を整備してまいります.

今後とも会員の先生方ならびに関係各位のご協力,ご支援をお願いいたします.

ページトップへ戻る

手術調査入力システム
学術用語ご意見箱

JOSKAS事務局 連絡先

〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 株式会社コングレ内
TEL:03-3263-5394
FAX:03-5216-5552
お問い合わせ
営業時間 午前10時~午後6時