JOSKAS

JOSKAS研究助成制度

この研究助成制度は、関節鏡・膝・スポーツ関連を含む臨床および基礎的な研究に対し、我が国の医学研究の向上発展と人類の福祉に寄与することを目的とし、原則として40歳以下のJOSKAS正・準会員を対象として、1件あたり100万円を年に10件まで助成するものです。

また、研究代表者および研究員がJOSKAS会員である3名以上の研究グループ(年齢制限なし)も対象になります。

一応の基礎的な研究成果を達成しており、この研究助成によりさらに発展が予想できることを選考の基準としており、現に研究開発途上にあるか、または研究方法が確定して研究着手の段階にあり、研究開発の成果が2~3年以内に期待されるものが対象研究となります。

よって、既に研究が完成しているもの、またはこれから新しく開始しようとする未知な研究課題は採択されませんのでご注意ください。

一度申請して選考にもれたものでも、新たな研究段階を記載して再申請することは差支えありません。

このように40歳以下の若手の先生方はこの機会をのがす手はないと思いますので奮って応募していただきたいと思います。

助成を受けた場合、3年以内のJOSKAS学術集会において、成果報告(学会発表)を行っていただきます。
また、可能な限り英文誌に投稿していただきたいと思います。

2021年度 JOSKAS研究助成制度 助成対象 (五十音順)

単一細胞網羅的遺伝子解析を用いたマウス膝関節周囲靭帯由来細胞の遺伝子プロファイルの解明

石橋 恭太(大阪大学再生誘導医学寄附講座)

体外衝撃波は骨軟骨損傷の修復を促進する

岩瀬 穣志(徳島大学病院整形外科)

内側半月板変性断裂患者におけるポジトロン断層撮影(PET)を用いた下肢骨格筋活動の検討ー疼痛の有無による違いー

大島 健史(浅ノ川総合病院整形外科(金沢大学整形外科協力研究員))

Over the top 前十字靱帯再建術の生体力学的解析―conventional法vs modified法―

塩泡 孝介(札幌医科大学附属病院整形外科)

自家骨軟骨柱移植術に高純度アルギン酸ゲル移植を併用した治療法の開発

菱村 亮介(北海道大学大学院医学研究院 専門医学系部門 機能再生医学分野)

人工知能を使用した3次元動態解析と筋活動推定モデルを用いた筋損傷リスク因子の解明と予防プログラムの構築

水谷 有里(東京大学スポーツ先端科学連携研究機構)

ページトップへ戻る

各種申請 admission information
手術調査入力システム
学術用語ご意見箱

JOSKAS事務局 連絡先

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-10-5
オンワードパークビルディング
株式会社コングレ内
FAX:03-3510-3748
お問い合わせ