JOSKAS

JOSKAS研究助成制度

この研究助成制度は、関節鏡・膝・スポーツ関連を含む臨床および基礎的な研究に対し、我が国の医学研究の向上発展と人類の福祉に寄与することを目的とし、原則として40歳以下のJOSKAS正・準会員を対象として、1件あたり100万円を年に10件助成するものです。

また、研究代表者および研究員がJOSKAS会員である3名以上の研究グループ(年齢制限なし)も対象になります。

一応の基礎的な研究成果を達成しており、この研究助成によりさらに発展が予想できることを選考の基準としており、現に研究開発途上にあるか、または研究方法が確定して研究着手の段階にあり、研究開発の成果が2~3年以内に期待されるものが対象研究となります。

よって、既に研究が完成しているもの、またはこれから新しく開始しようとする未知な研究課題は採択されませんのでご注意ください。

一度申請して選考にもれたものでも、新たな研究段階を記載して再申請することは差支えありません。

このように40歳以下の若手の先生方はこの機会をのがす手はないと思いますので奮って応募していただきたいと思います。

助成を受けた場合、3年以内のJOSKAS学術集会において、成果報告(学会発表)を行っていただきます。
また、可能な限り英文誌に投稿していただきたいと思います。

平成29年度 JOSKAS研究助成制度 助成対象 (五十音順)

低酸素誘導因子に着目した変形性関節症に対する新たな運動療法の開発

井上 裕章(京都府⽴医科⼤学附属病院整形外科)

スフェロイド型脂肪由来幹細胞を用いた新規骨軟骨⽋損治療法の開発

上山 秀樹(⼤阪市⽴⼤学整形外科)

内側開⼤式⾼位脛骨骨切り術前後における膝関節動作解析と臨床評価

川原 慎也(浜の町病院整形外科)

膝前十字靭帯再建術後の神経筋コントロール機能の評価

木村 由佳(弘前⼤学⼤学院医学研究科整形外科)

人工膝関節置換術術中の膝蓋⼤腿関節圧が術後成績に与える影響

谷川 英徳(済生会横浜市東部病院整形外科)

腱骨孔治癒にかかわる遺伝子の探索︓トランスジェニックマウスを用いた前十字靭帯再建モデルによる検討

中川 裕介(東京医科⻭科⼤学 再生医療研究センター⼤学院応用再生医学分野)

腱移植を用いた腱板再建術後における移植腱内の腱線維配列の変化

八田 卓久(東北⼤学整形外科)

MR・UTE-T2* mapping 法を用いた膝後十字靭帯の新たな質的評価方法の確⽴

林 聖樹(広島⼤学病院整形外科)

足関節鏡視下三角靭帯損傷モデルを用いた、足関節外果単独骨折に合併する三角靭帯損傷に伴い足関節不安定性の定量的評価

松井 健太郎(帝京⼤学整形外科)

経時的応⼒計測可能なラメラ構造二重膜ヒドロゲルを用いたヒト関節靭帯における内部応⼒解析

門間 太輔(北海道⼤学病院スポーツ医学診療センター助教)

ページトップへ戻る

各種申請 admission information
手術調査入力システム
学術用語ご意見箱

JOSKAS事務局 連絡先

〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 株式会社コングレ内
FAX:03-5216-5552
お問い合わせ